1. HOME
  2. 採用情報
  3. 就活Q&A(大卒)

RECRUIT

採用情報

就活Q&A(大卒)

仕事編

大学を出てまでビルの窓拭きをやるんでしょうか?

はい、やっていただきます。将来の幹部候補生として真剣に育てるために、窓拭きから、床磨き、設備の点検・保守、施設等の警備まで現場の仕事をシッカリ学んでいただきます。クライアントに自分がやったことのない仕事をちゃんと提案するなんてできませんよね。大卒社員といえども、現場を知らずにデスクワークだけでビルメンテナンスのプロになれるほど、甘い業界でないことを承知していただきたいのです。

ビルメンテナンスの歴史は?

ビルメンテナンスという職種は戦後アメリカが日本に持ち込んだもので、まだまだ新しい産業です。世間では”清掃”という概念が根強く、企業内生活(最低1日8時間 の生活)の環境改善ビジネスという視点からも、重要な産業だといえます。だからこそ、ビジネスチャンスも大きいのです。

ビルメンテナンスって簡単な仕事でしょう?

そう思う人が多くて困っています。従来は定期的に入札があって、仕事を落札すれば人手を集めて派遣するのが大半でした。しかし現在では「企画・提案営業」が主体。清掃・衛生管理業務だけでも、①内・外装の材質に最適な洗剤・ワックスの選定、②ニーズにあった廃棄物処理や害虫駆除の選定、③給排水の維持・緊急時の対応など、多岐にわたる項目を総合的に組み合わせたシステム開発と提案力が不可欠です。

ビルメンテナンスのプロとは?

プロは、オフィスを見ただけで、メンテの仕様提案、見積計算を瞬時にやります。クライアントのニーズを察知し、予算内でどこまでの仕事ができるかを計算して交渉します。「わかりませんから、上司と相談してみます」などと返事をすれば、信頼感なんて吹っ飛んでしまします。もちろん細やかな仕様の説明と見積書は 後日、正式な書類で提出しますが、受注の成否は担当者とのファースト・コンタクトで決定されるといってもいいでしょう。この判断能力を磨くためにプロは常に現場を歩くのです。アマチュアは机の上で計算しながら考える…この差はデカイですよ。

営業活動にあたり心がけていることは?

ビルメンテナンスの営業は既存のお客様に対する継続営業が中心です。ビルメンテナンスは年間契約で行う管理業務ですから、一年 間を通して常にお客様のニーズを的確にとらえ、最適なサービスを提供していく。例えば、年末には普段行っていない部分の清掃を提案したり、安全レベルの向上のために警備の増員を提案したり。そうした細やかな気配りのひとつひとつが、お客様との信頼関係を築きあげていくのです。

多忙な仕事のようですが、残業は?

営業企画のスケジュールは朝9時過ぎから顧客を訪問し、12時前に一度帰社。午後1時より再び顧客を訪問し、午後5時30分までに業務終了。当社では近年、ある取り組みの推進によって残業の大幅 削減に成功しました。その画期的な取り組みとは・・・。ぜひ会社訪問時に確認してください(笑)。しかし、ビルメンテナンスはサービス業ですから、新規物件の立ち上げ時など、顧客の期待に応えて深夜の現場作業に自らが入るケースもあります。もちろん夜間・休日出勤した場合などは、振休制度を利用してきちんと休みをとるようにしています。

企業編

和歌山における南北の業界ランキングは?

業界におけるポジショニングは、和歌山では断トツのトップ企業。床面積3000㎡以上の特定建築物が対象となる県内の大型ビルはほとんどが当社の取引先です。

職場はどんな環境ですか?

約700坪の敷地に本社社屋を建設、社内から「ここまでしなくても…」という声が出るほど贅沢な空間設計を実現。もちろん当社の最新のメンテナンス技術で維持管理されています。また、社内では「明るく、礼儀正しく」をモットーに、お客様が来られたとき、社員が帰ってきたときは声をそろえてお迎えします。疑問を持たれた方、本当かどうか一度見に来てください!!

なぜ、安定した売上を保っているのですか?

変化が目まぐるしい現代においても、当社はお客様の限られた予算の中で最大限の効果を探り、顧客満足を追及しています。建物にとって必要だと判断した美観レベルを維持するために、自信を持って契約金額の増額を提案することも。私たちは品質低下につながる安易な値下げは行いません。それでも安定した売 上を保っていられるのは、私たちの提供するサービスが、お客様に信頼と満足を提供できている証だと考えています。

同業他社との差別化は?

①あらゆるニーズに対応できるメンテナンスを実施できる規模
②徹底した作業員のモラルアップ・マナー教育の実施
③30代を中心とした本社スタッフの提案力や発想力
など、現状に甘んじることなく継続的改善に努めています。

いろんな事業展開をしていますが?

現在、ビルメンテナンス業以外に不動産事業や食品販売、インテリア・雑貨販売の「フォレスタ」、レンタルマットや介護用品レンタルを手掛ける「ケイ・コーポ レーション」、プロパティ・マネジメント会社の「南北ピーエム」など、「今、何が事業化できるか」を常に探り続け、十分なマーケティングを行ったうえで事業化に着手します。また、今後もそうした経営能力やセンスのある人材を育て、いろんな事業を任せてみたいと考えています。

未来編

この仕事の将来性は?

昨今のビルメンテナンス業界にはビル管理に関する一切の窓口を一本化して総合的に業務を行う流れができつつあります。当社は県内業界における老舗企業として、長年培ったノウハウを駆使し、建物管理に関するあらゆるニーズに答えられるよう日々努力をしています。昨今ますます多様化するビル機能を考えれば、まだまだ既存のクライアントから新たな業務を提案できる余地は多くあると考えます。

新規事業について教えてください。

当社で今一番力を入れているのは「コロナ禍における新しいサービス」の創出です。「ウィズコロナ」の時代に当社が長年行ってきた衛生管理のノウハウを生かし、事業拡大を目指します。さまざまな事業を展開している当社ですが、やはり事業の根幹はビルメンテナンス業です。この部門の発展なくしては当社全体の今後の発展はありません。

今後も和歌山に留まるんですか?

これまで和歌山を拠点に活動してきた当社。今後も和歌山を地盤にしながら、さらなるサービス向上に努めます。昭和32年の創業以来、長期にわたってビルメンテナンスを続けてきたノウハウの蓄積、スケールメリットを最大限に生かして、これからもクライアントの信頼と満足が得られる品質を提供していきます。しかし、どんなに大きくなっても首都圏などへ本社を移すつもりはありません。私たちは和歌山が好きなのです。

待遇編

昼食はどこで食べますか?

殺風景な小部屋ではなく、ダイニングキッチンのモデルルームのような休憩室を建設。しかも、交代で昼食をとるので混雑はありません。ゆっくりとランチを楽しむことができます。

家具・雑貨や清掃道具を安く買えますか?

社員割引き購入制度を実施。自宅用の清掃道具からアクタスのオシャレな家具や小物が驚くような価格で買えます。社員にホンモノを見る目を養ってもらうため、この制度を実施しています。

社員旅行はありますか?

社員への利益還元を徹底しているのが当社の特徴。社員旅行もその一環です。過去には香港・韓国・上海などの海外や九州や北海道などの国内も。伊勢・京都など、近場の有名旅館でゆっくりすごすプランも好評です。(現在は新型コロナウィルスの影響で自粛中…。)

採用情報